So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

iPadやiphoneのメモ帳が消える理由と復元する方法 [トラブル]

スポンサーリンク



iPhoneやiPadに標準で付いている「メモ」はシンプルながらなかなか便利で特にAppleの他のデバイスと同期する際には大変便利で結構頻繁に利用なさっている方も多いのではないでしょうか?


私も実はそうで、有料のノートアプリやMicrosoft Wordも持っていますがこの標準のメモで済ませてしまうことが多いのです。


ただ、この標準メモ、機能が大変シンプルで文字の色を変えることや大きさを変えて入力することも出来ません。

もちろん別の場所からコピーしたものは色も文字の大きさもそのまま表示されるのですが。。。

一番困るのはこの標準のメモアプリ上にはアンドゥとリドゥがないことではないでしょうか?


ワープロソフトの多くにはエンターを押して確定した文章を一つ前に確定した文章まで戻すアンドゥと戻したものを戻す前にするリドゥーという機能があるものです。


しかしこのApple標準のメモアプリ自体にはこのアンドゥ・リドゥがありません。ですから入力した文章を修正するためには一々削除・バックスペースボタンを押して文章を消してから修正しなくてはならないのが不便といえば不便です。


実はiPadにはメモアプリ自体にはこのアンドゥ・リドゥはありませんが、iPadのソフトウェアキーボードにこのアンドゥ・リドゥの機能があります。iPadのソフトウェアキーボードを表示させ、数字を表示させる「.?123」を押すと「取り消す」が出現しますが、これがアンドゥです。また、「#+=」を押すと「やり直す」が出現しますが、これがリドゥというわけです。iPhoneのソフトウェアキーボードでは縦画面ではこの機能はないようですが、iPhone6pulsなどでは横画面にするとソフトウェアキーボード上に「?」がありこれがアンドゥとなります。リドゥは無いようです。


もちろんソフトウェア上には無いアンドゥ・リドゥですが、ソフトウェアキーボードを使わなくても行う仕組みがiPadやiPhoneには以前からあります。それはiOS機器に備わっているモーションセンサーを利用して端末をシェイク(左右に振る)ことでこのアンドゥ・リドゥを呼び出すことができます。入力して修正が必要になった時に端末をシェイクすると「取り消し」(アンドゥ)もう一度シェイクすると「やり直し」(リドゥ)となります。


ただ、iPhoneなどで片手入力している時にはこのシェイクはまだ比較的自然にできるかもししれませんが、iPadで会議中に据え置きで記録を取っている時などにはなかなかこのシェイクというジェスチャーは利用し辛いように思います。iPhoneで片手入力していても人目が気になって利用し辛い方もいるかもしれません。またこのモーションセンサーはなかなかうまく作動しないこともあり、一つ前の入力状態に戻せなかったりしてなかなか利用しずらいという方もいるようで、その存在そのものもご存知無い方も多いように思います。


スポンサーリンク



しかも私の周りの高齢者の方やパソコン初心者の方の中にはこの標準メモアプリで途中まで入力した文章が突然全て消えてしまうと言う現象に悩まされている人もいらっしゃるようです。その多くは入力時に機器を無意識に揺ら(シェイク)してしまいこの取り消しを押してしまっていることによって起こっていることも多いように思います。


もしメモのすべてのページが突然消えてしまったというなら原因は別にあると思います。そのような場合に定期的にiTunesやicloudに端末のバックアップを取っているならそこから復元するならバックアップを取った時点までのデーターは復元することができます。


もし、消えてしまったのが今一生懸命入力していたページのみという場合であるならその原因は無意識にシェイクか、ソフトウェアキーボードの「取り消し」を行ってしまったことによって生じている可能性が高いです。そのような場合はショックを受けて慌てて再入力するのではなく、もう一度シェイクするか、ソフトウェアキーボード上の「やり直し」を押しましょう。そうすることによって大量に入力し、完成しかかっていたにもかかわらず消えてしまった文章を簡単に復元することができるかもしれません。


このような入力し続けてきた大量の文章を全て消してしまわないようにするためには「新規メモ」を作成したままずっと文章を入力し続けるのではなく、一定の間隔で、iPadでは左上の「<メモ」あるいはiPhoneでは右上の「完了」を押してそのページを保存するようにしましょう。windwsでは新規作成した文書は必ず名前をつけて保存します。iPadやiPhoneの標準メモの良いところはそのようなことをしなくても入力した文章が自動的に保存されるところです。ただ、新規メモは一旦iPadでは左上の「<メモ」あるいはiPhoneでは右上の「完了」を押してそのページを閉じないと保存されません。ですから会議などで新規メモから大量に文章を入力する場合は時々そのページを閉じて保存するようにしましょう。


そして保存するのを忘れて入力中の文章をすべて消してしまったなら慌てて初めから再入力するのではなく、「やり直し」(リドゥ)で文章を復元しましょう。


スポンサーリンク



旅行なら楽天トラベル


お買い物なら楽天市場













スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 4

iPhone メモ 復元

なるほどね~
有難うございます!
by iPhone メモ 復元 (2015-07-08 12:47) 

夢

わかりやすく教えてくれてありがとうございます。大変参考になりました。ここで知っている別の iPhone メモ 復元方法を一緒に共有します。http://www.coolmuster.jp/idevice-tips/iphone-note-recovery.html 役に立てればいい。
by (2015-10-08 16:38) 

iPhone メモ 復元

私もこのような質問があり、業者に頼むつもりです。
でも、この方法も参考になりますね。試してみます。
説明してくれてありがとうございました!
メモを復元できればいいですね。
by iPhone メモ 復元 (2016-07-11 08:02) 

iPhoneのメモを復元

iPhoneのメモを復元できました。大変参考になりました、
ありがとうございます
by iPhoneのメモを復元 (2017-11-07 17:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。